一般社団法人 日本IR協議会

こちらは日本IR協議会会員専用ページです。
ログインにはIDとPWが必要です。

入会のご案内はこちら

セミナー・イベント情報

IR基礎講座

※本講座は定員に達した為、申込みを締切らせていただきました

【開催概要】

 日 時: 2018年9月26日~27日

 ○第1日目 26日(水)午後1時30分~午後7時15分 *午後6時より懇親会
 ○第2日目 27日(木)午前10時~午後3時45分  *昼食をご用意します

 会 場: アーバンネット大手町ビル21階 
           東京會舘LEVEL XXI 「スタールーム」
          (東京都千代田区大手町2-2-2、TEL:03-5255-1515)
           http://www.kaikan.co.jp/xxi/access/index.html

 プログラム:

9月26日(水)  
 13:30-14:20    

① IRの基本と課題

日本IR協議会 
専務理事  佐藤 淑子

○IRの基本をわかりやすく解説する。上場企業を対象とした「IR活動実態調査」結果や事例報告によって全体像を描き出す。コーポレートガバナンスや資本効率の向上など、持続的成長のために重視されているポイントも解説。2日間にわたるIR基礎講座の理解促進につなげる。

 14:20-14:25

 休憩

 14:25-15:25

② 中長期の企業価値向上を目指すIR活動

三井化学 
コーポレートコミュニケーション部  副部長 IRグループリーダー   吉田 修 氏

・会社概要、株主構成
・IRの目標、IRの組織・体制、活動スケジュール
・経営トップやCFOによる株主・投資家との対話状況
・IR部門が力を入れている取り組み
(中長期の企業値向上の説明、説明会資料における工夫、ESGへ配慮、コーポレートガバナンスの取り組み状況とその説明機会など)
・IRにおける留意点(フェア・ディスクロージャーなど)
・株主・投資家の意見の社内へのフィードバック
・まとめと課題

○三井化学は、事業環境の変化に関わらず、経営トップやCFOが株主・投資家と対話し、その意見を踏まえて経営戦略をブラッシュアップさせている。2014年度には「IR優良企業賞」を受賞。その後もIR部門は投資家向け説明資料の充実や非財務情報の活用、見学会の開催などによって多様な投資家の理解を促している。こうした活動における工夫や、ESGへの配慮やコーポレートガバナンスの強化に関する取り組みを報告する。

 15:25-15:40

 休憩

 15:40-16:40

③ 非財務資本の充実と資本生産性向上を結ぶIR活動

エーザイ 
IR部長   金森 靖和 氏

・会社概要、株主構成
・IRの目標、IRの組織・体制、活動スケジュール
・エーザイが目指す企業像と中期経営計画
・非財務資本の充実が、どのようにROE向上、ひいてはPER向上に収れんし企業価値向上につながるかの説明の工夫
・経営トップやCFOと株主・投資家との対話の強化
・事業の現場に株主・投資家の意見をフィードバックする取り組み
・統合報告書、ESG説明会開催の実際
・まとめと課題

○エーザイは、2016年度にスタートした中期経営計画「EWAY2025」で目指す企業像を明確に示し、経営戦略への理解を進めるIR活動を続けている。その姿勢は投資家から高く評価されており、バランスシートマネジメントなど、他社に先駆けた開示に対する関心も高い。2012年度にIR優良企業大賞を受賞。近年はESG(非財務資本)に関する情報開示と対話を強化し、非財務資本の充実が、いかに企業価値向上につながるかの説明に取り組んでいる。統合報告書やESG説明会など、具体的な活動の実際をIR責任者が語る。

 16:40-16:50

 休憩

 16:50-17:50

④ 投資家の理解を深めるIR活動

オートバックスセブン
IR・広報部   椎野 泰成 氏

・会社概要、株主構成
・IRの目標、IRの組織・体制、活動スケジュール
・経営・財務・事業戦略の理解を深めるためのIR(経営トップやCFOが説明する機会の充実、わかりやすい説明会資料の作成、ウェブサイトを通じた情報発信の強化、月次情報の開示など)
・個人投資家向けIRの実際と成果、株主総会へのIR部門の関与
・大株主への対応や株主構成の調整に対する取り組み
・まとめと課題

○オートバックスセブンは、経営・財務・事業戦略を投資家に理解してもらうために、対話の機会を拡充し、資料の内容や頻度の向上に努めている。ウェブサイトを通じた情報発信にも積極的で、事業の強みや経営戦略などを個人投資家向けに焦点を絞って説明。ビジュアルが印象的なアニュアルリポートには中期経営計画やコーポレートガバナンスの特徴などが掲載され、アナリストや機関投資家も評価している。いわゆる中・小型株企業としての課題も多い中、対応のあり方について、実務家の立場から報告する。

 18:00-19:15  懇親会

 

  9月27日(木)    
 10:00-11:00

IRの基礎となる適時開示

東京証券取引所
執行役員   青 克美 氏

・最近の証券市場
・上場会社のディスクロージャー
・適時開示制度の概要
・コーポレート・ガバナンス

IRの基礎となるタイムリーディスクロージャーについて解説する。IR担当者が知っておくべき規則に加え、コーポレートガバナンスに関する最近の状況について説明する。

 11:00-11:10

 休憩

 11:10-12:10

⑥ 機関投資家の視点と望ましいIR

三菱UFJ信託銀行
資産運用部  チーフアナリスト兼チーフファンドマネージャー 兵庫 真一郎 氏

・機関投資家とは(投資チームの人員構成や投資金額)
・投資判断に至るまでの決定プロセスと主な判断項目
・長期的な時間軸でIR情報を活用するときの着眼点
・非財務情報やコーポレートガバナンス・ESGの注目点
・IRで知りたい情報やIR担当者への要望
・「日本版スチュワードシップ・コード」「コーポレートガバナンス・コード」を契機とした「対話」の重要性について

○機関投資家は、年金基金などから委託された資金を一定の投資方針に基づいて運用する。上場企業との接点も多い講師が、機関投資家の投資判断の軸となる考え方や企業価値分析のための望ましいIR、コーポレートガバナンス・コードが求める「建設的な目的を持った対話」のあり方などについて講義する。 

 12:10-13:00  昼食
 13:00-14:00

⑦ アナリストが望むIR活動と対話の充実

みずほ証券
エクイティ調査部  ヘルスケアセクター・サービスセクター  シニアアナリスト   渡辺 英克 氏

・アナリストの情報収集・分析の原則
・取材・リポート発信・機関投資家訪問の実際と課題
・投資レーティング判断に至るまでの決定プロセスと主な判断項目
・企業への取材、ミーティングの量と内容--知りたい情報やIR担当者への要望
・経営者や事業部門責任者に望む説明やディスカッション

○アナリストは、どのような視点で企業価値を分析・評価するのだろうか。トップアナリストとして、長年にわたり機関投資家の高い評価を得ている講師が、アナリストが求めるIR活動について講義する。

 14:00-14:10  休憩
 14:10-15:10

⑧ 個人投資家の共感を高めるIR

野村インベスター・リレーションズ
インテグレートコミュニケーショングループリーダー  中村 貴彦 氏

・個人投資家の現況と行動の特徴
・NISA(少額投資非課税制度)導入の影響
・個人投資家のIR活動へのニーズと評価が高い活動事例
・個人投資家向けIR活動を戦略的に進めるための留意点

○NISAの普及などを背景に、株式市場における個人投資家の存在感が高まっている。個人投資家の状況や、IR情報の利用度合い、個人投資家に戦略的にアプローチするための手法などを具体例を伴って解説する。

 15:10-15:15  休憩
 15:15-15:45

⑨ 2日間の総括と「信頼されるIRオフィサーとは」

日本IR協議会
専務理事  佐藤 淑子

○2日間にわたる講義のポイントをまとめ、今後の活動に役立つ形に整理する。経営トップを支える「IRオフィサー」のプロフィールも示す。


【開催要項】

 参加定員:130名(定員になり次第申込み締め切り)

 参加費:  
 ○会   員/1名につき 36,000円(税込価格38,880円)
 ○非会員/1名につき 65,000円(税込価格70,200円)

 ※参加費は、懇親会費、2日目の昼食代を含みます。
 ※キャンセルをお受けする日時は開催日の2営業日前(9月21日)の17時までです。
 ※お申し込み確認後に請求書をお送りします。9月末日までにご入金願います。

その他:
 ※宿泊の必要な方は、参加者ご自身でご手配いただきますようお願いします。
 ※当日はお名刺と参加受付票のプリントをお持ちください。

 

 

セミナー・イベント情報