一般社団法人 日本IR協議会

こちらは日本IR協議会会員専用ページです。
ログインにはIDとPWが必要です。

入会のご案内はこちら

セミナー・イベント情報

IR基礎講座

 

【開催概要】

 日 時:

2015年3月24日~25日 2日間の講座

○第1日目  24日(火) 午後1時30分~7時15分   *午後6時より懇親会

○第2日目  25日(水) 午前10時~午後3時45分  *昼食をご用意します

※プログラム内容を一部変更させていただく場合があります。予めご了承下さい。

 会 場:

アーバンネット大手町ビル21階  東京會舘「スタールーム」

(東京都千代田区大手町2-2-2 TEL: 03-5255-1515)

 プログラム:

 3月24日(火)  

 13:30-13:40 

主催者あいさつ  日本IR協議会 専務理事 前田利行

 13:40-14:30

①IRの基本と課題

日本IR協議会 首席研究員 佐藤 淑子

IRの基本をわかりやすく解説する。上場企業を対象とした「IR活動実態調査」結果や事例報告によって全体像を描き出す。コーポレートガバナンスや資本効率の向上など、持続的成長のために重視され ているポイントも解説。2日間にわたるIR基礎講座の理解促進につなげる。

 14:30-15:30

②中長期で「目指す姿」を表すIR活動

東京ガス IRグループ マネージャー 坂田 一 氏

・会社概要、株主構成 

・IRの目標・IRの組織・体制

・長期ビジョンと中期経営計画を通じて伝える企業価値向上・株主還元(総還元性向などの指標の活用)

・コーポレートガバナンス向上への取り組みとIR部門の関わり

・機関投資家との対話に関わる取り組み

・まとめと課題   

 15:30-15:45

 休憩

 15:45-16:45

③投資家の理解を深めるIR活動

リコーリース  経営管理本部 経営企画部

コーポレートコミュニケーショングループ グループリーダー 渥美 光治 氏

・会社概要、株主構成

・IRの目標・歴史・IRの組織・体制

・活動の実際(説明会や開示資料、株主向け及び個人投資家向けIRなど)

・個人投資家向けIR活動の工夫点や課題

・アナリスト・機関投資家の理解を深める活動の工夫と留意点

・まとめと課題

 16:45-16:50

 休憩

 16:50-17:50

④経営を支えるIR活動

味の素 財務部 IRグループ長 川端 幸治 氏

・会社概要、歴史、株主構成

・IRの基本方針、組織体制、年間活動内容

・経営トップによる活動――中期経営計画説明会や投資家訪問を通した積極的な対話

・経営を支えるIR部門――投資家意見の経営へのフィードバック、M&A案件などのタイムリーな情報開示、課題の開示(問われる前に明示せよ)

・まとめと課題

 18:00-19:15  懇親会

 

 

  3月25日(水)    
 10:00-11:00

⑤IRの基礎となる適時開示

東京証券取引所 上場部長 安井 良太 氏

・ディスクロージャー・IRの意義

・適時開示の概要とIRとの関係

・適時開示にあたっての基本的な留意点

・適時開示に関する最近の動向

・まとめと課題

 11:00-11:10

 休憩

 11:10-12:10

⑥海外機関投資家の動向とIRの要点

アイプリオ・ジャパン・エルエルシー  日本代表 山本 英勝 氏

・海外機関投資家の日本株売買動向

・日本企業に対する海外機関投資家の評価や要望

・海外機関投資家向けIR活動の要点や注意事項

・アクティビスト(物言う株主)に対する準備や対応

・外国人持ち株比率の低い場合の海外機関投資家向けIR

 12:10-13:00  昼食
 13:00-14:00

⑦アナリストの視点と企業のフェア・バリュー

ドイツ証券 株式調査部 シニアアナリスト ディレクター  風早 隆弘 氏

・アナリストの情報収集・分析の原則

・取材・リポート発信・機関投資家訪問の実際と課題

・投資レーティング判断に至るまでの決定プロセスと主な判断項目

・企業への取材、ミーティングの量と内容--知りたい情報やIR担当者への要望

・経営者や事業部門責任者に望む説明やディスカッション

 14:00-14:10  休憩
 14:10-15:10

⑧ 機関投資家の視点と望ましいIR

JPモルガン・アセット・マネジメント

RDP運用本部長 兼 チーフ・インベストメント・オフィサー  大堀 龍介 氏

・機関投資家とは(投資チームの人員構成や投資金額)

・投資判断に至るまでの決定プロセスと主な判断項目

・長期的な時間軸でIR情報を活用するときの着眼点

・コーポレートガバナンスの注目点、資本効率向上を求める意味

・IRで知りたい情報やIR担当者への要望

・「日本版スチュワードシップ・コード」を機に、企業と投資家がよりよい関係を築くには

 15:10-15:15  休憩
 15:15-15:45

⑨2日間の総括と「信頼されるIRオフィサーとは」

日本IR協議会 首席研究員 佐藤 淑子

2日間にわたる講義のポイントをまとめ、今後の活動に役立つ形に整理する。経営トップを支える「IRオフィサー」のプロフィールも示す。


【開催要項】

参加定員:

180名(定員になり次第申込み締め切り)

参加費:  

○会員/1名につき 31,000円(税込価格33,480円)

○非会員/1名につき 60,000円(税込価格64,800円)

 ※参加費は、懇親会費、2日目の昼食代を含みます。参加者様には『IRベーシックブック』を各1冊、無料で配布いたします。

※キャンセルをお受けする日時は開催日の2営業日前(3月20日)の17時までです。

それ以降にキャンセルまたは当日ご欠席された場合は、参加費をご返金することができませんのでご了承ください。

※キャンセルはお電話のみにて受け付けます。(担当:野池03-5259-2676)

※お申し込み確認後に請求書をお送りします。3月末日までにご入金願います。

 

 

 

 

セミナー・イベント情報