一般社団法人 日本IR協議会

こちらは日本IR協議会会員専用ページです。
ログインにはIDとPWが必要です。

入会のご案内はこちら

研究員紹介

研究員紹介

佐藤淑子 Yoshiko Sato

専務理事・首席研究員
略歴

1985年慶応義塾大学経済学部卒業。同年日本経済新聞社に入社。1993年3月に日本IR協議会に出向。
2003年から首席研究員。2007年事務局長、2015年から専務理事。
日本IR協議会が開催するセミナーや会報を中心に、企業価値向上や資本市場発展を目指す活動を続けている。講演や執筆に加え企業や投資家との対話を重視している。

主な著書

『IR戦略の実際』(第2版)(2008年、日本経済新聞出版社)

『経営戦略とコーポレートファイナンス』(2013年、日本経済新聞出版社・共著)

『IRの成功戦略』(2015年、日本経済新聞出版社)

『コーポレートガバナンス・コードの実践』(2015年、日経BP社・共著)

『企業・投資家・証券アナリスト企業価値向上のための対話』(2017年、日本経済新聞出版社・共著)

など。

公職・資格など

公認会計士・監査審査会委員、青山学院大学専門職大学院(国際マネジメント研究科)非常勤講師、東京証券取引所自主規制法人・アドバイザリー・コミッティー委員、東京証券取引所・上場制度整備懇談会委員、日本証券アナリスト協会理事、同協会検定会員など。

日本IR協議会での主な担当領域

IRのスキルアップ支援 (IR基礎講座、IR専門講座等)

IRオフィサーのネットワーキング拡充 (サークル、部会等)

IRに関わる調査や情報発信 (新潮流セミナー、IR活動の実態調査、IR-COM、IRメルマガ、IRベーシックブック等)

IRのレベルアップ推進 (IR優良企業賞、IRカウンセリング等)

篠原哲郎 Tetsuro Shinohara

首席研究員
略歴

1986年日本経済新聞社入社。
データバンク局、電子メディア局、日経ヨーロッパ社(英国)などを経て2006年3月から日本IR協議会出向。

日本IR協議会での主な担当領域

IRサークルの運営ならびに機関誌IR-COMの編集

佐藤進一郎 Shinichiro Sato

首席研究員
略歴

1981年早稲田大学商学部卒業、同年野村證券に入社。
1986年米国シラキュース大学経営大学院修士課程終了(MBA取得)。
企業調査部門を経て、野村ロンドン等で海外機関投資家営業を通算10年半。2000年、野村ニューヨーク傘下にヘッジファンドの評価・選定・運用する会社を創設、経営に5年間従事。2007年から野村ホールディングスのIRオフィサーとしてニューヨーク、日本で通算7年半。
2015年1月より日本IR協議会に出向、首席研究員。

専門分野

IRとその実務(特に海外IR)、資本市場、投資家動向、経営

岩﨑樹生 Tatsuo Iwasaki

首席研究員
略歴

1989年一橋大学商学部卒業。同年日本経済新聞社に入社。
東京、大阪本社の証券部、流通経済部、地方部記者や松山支局長などを経て2018年4月に日本IR協議会に出向。
30年近く企業財務、証券市場、流通業界、地方自治、まちづくりなどを取材してきた。

日本IR協議会での主な担当領域

IRに関わる調査や情報発信、IRのレベルアップ推進

円谷昭一 Shoichi Tsumuraya

客員研究員
略歴

一橋大学大学院経営管理研究科 准教授
2001年、一橋大学商学部卒業。2006年、一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了、博士(商学)。埼玉大学経済学部専任講師、准教授を経て、2011年より現職。2007年より日本IR協議会客員研究員。日本IR学会理事。

専門分野

財務会計、ディスクロージャー、コーポレート・ガバナンス

主な著書

『コーポレート・ガバナンス「本当にそうなのか?」-大量データからみる真実-』同文舘出版、2017年12月

「議決権行使の個別開示データ分析(前編)」『資本市場』2017年12月

「議決権行使の個別開示データ分析(後編)」『資本市場』2018年2月

日本IR協議会での活動

各種セミナーの運営・講師、IRカウンセリング、各種調査の実施補助等

高橋由香里 Yukari Takahashi

客員研究員
略歴

2013年 一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了(博士)
2013年 首都大学東京都市教養学部経営学系助教
2015年 武蔵大学経済学部経営学科准教授、現在に至る

専門分野

財務会計

主な著書、論文等

「フェアネス・オピニオン取得の決定要因と開示効果」『一橋商学論叢』第6巻第2号, 2011年11月

「負ののれんの償却期間の決定要因」『会計プログレス』第13号, 2012年9月

「負ののれんの株価関連性」『企業会計』第65巻第2号, 2013年2月

「負ののれんの発生原因」『會計』第186巻第1号, 2014年7月

「リース会計基準の変更がリース取引に与える影響」『リース会計制度の経済分析』2018年3月(加賀谷哲之氏と共著)

日本IR協議会での主な実績

クイックサーベイ(株主総会、フェア・ディスクロージャー)設計・集計
IR活動の実態調査結果分析